maty*life

マタニティライフ、子育てライフを楽しく過ごす!調べた事などを残すブログ

休日や夜間の発熱に…往診アプリ「キッズドクター」を利用してみた

先日、三連休初日の夜から子供が急に発熱してしまいました。
みるみる上がって40.1℃…発熱の他に症状は無いため翌朝まで様子を見てみることに。

翌朝も熱が引かず40度超え…
とはいえ日曜診療をやっている小児科は近くにないし、自治体の夜間休日診療も近くはない。明日も祝日でお休みだし…

ということで、以前アプリをインストールだけしていた「キッズドクター」を使ってみました!

eversense.co.jp

1.まずはアプリで往診をお願い!

アプリから往診希望日や患者情報(誕生日や既往歴)、症状、連絡先などを入力します。

2.電話がかかってきて詳細確認

登録してしばらくすると、スタッフの方から電話があります。
患者情報や症状を口頭でも確認しながら伝えます。
「スケジュールを調整し、決まったら時間など伝えるお電話をします」と言われ一旦終わります。

3.スケジュールの電話

再度電話があり
「◯月◯日14:20〜14:50までの間に医師がお伺いします」と予定を伝えられます。

4.時間通りにピンポン。医師の到着と診察

清潔感のあるお医者さんが、IDカードを掲げてインターフォンに写っていました。(出るときも安心感がありますね!)
キャリーケースと大きなカバンを持ってリビングに案内をします。
息子は寝ていたのですが、もしもしをする為に抱っこすると「知らない人だ!」とびっくりしてしまったのですが
抱っこしながら診察を終えました。 急な高熱なのと下痢があること、他に嘔吐や水泡などの症状がないことから「胃腸炎からの風邪ではないか」という事で整腸剤と解熱剤を7日分処方してもらい診察を終わりました。

夏風邪だとヘルパンギーナプール熱なども心配していたのですが、
口や皮膚の様子なども良好なこと、
ヘルパンギーナも対症療法で治療法が変わらないことなど説明してもらい安心することができました。

5.お支払い

診察後、医療証や保険証をお渡しし、お会計は交通費として1,400円お支払いしました。 (子供の場合は、医療証で医療費が無料となる為)

感想:医師に来てもらえるのはとてもありがたい!

今回、当日も翌日も医療機関がお休みの連休であったことや、急な発熱で子供がグッタリしていたことから少し不安だったのですが
医師が来てくれると

  • 病院での待ち時間がない
  • 病院までの行き方を考えなくて良い

など、具合の悪い子供を連れて行くのに悩みどころとなる事が解消され、とても良いと感じました。

また、キッズドクターの使用例として 子供のついでに母親なども一緒にみてもらうこともできるようで、母子ともに倒れてしまった場合や兄弟で病気になってしまった際などにも便利かと思いました。

子育てでトラブルは大変ですが、便利なサービスもあるので上手に利用して乗り切っていきましょう😊